記事一覧

お肌とコラーゲン③

Well-beプラーカ鍼灸室 整顔・ボディケアサロンwellciesta
総合案内℡ 0252400424 まで。
友だち追加数
LINEからでも予約は可能です。

今回も前回に引き続き、コラーゲンについてです。

過去2回のブログで、コラーゲンについて、摂取方法についてお話してきましたが、今回は塗ってみては?
っというお話です。

いきなりですが、化粧品などコラーゲン配合のものを塗っても、真皮の層(コラーゲンや線維芽細胞、血管などがある層)までは入り込むことは難しいと思われます。
肌に浸透するのは、皮膚表面の角質層までで化粧品などでは、角質層を良い状態に保つということが目的ではないでしょうか。

もちろん、角質層は外からの刺激からカラダを守る大切なバリア層ですので、良い状態に保つことはとても大切です。

もし、その奥の真皮の層までコラーゲンが届くとなると、色んなものがカラダの外と内とを行き来できてしまいます。
普通、腕を絞ったら水分が出てくる人なんていませんよね。
成分はどうあれ異物が体内に入るわけですから、免疫反応により炎症が起こることも考えらえられます。
以前にも美白クリームから、皮膚炎などになった事例なども報告されているようです。


まとめ
化粧品などに配合されたコラーゲンなどは、真皮層のコラーゲンを補填するのではなく、角質層を保湿し良い状態を保つことが目的ではないでしょうか。
角質層を良い状態に保つことは、肌荒れや乾燥を予防する効果もあります。

次回は、お肌とコラーゲンについて、美容鍼灸のお話です。
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

新潟市ランキング
↑こちらもぜひクリックをお願いします。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント