記事一覧

お顔は、ココロとカラダを映す鏡。③

Well-beプラーカ鍼灸室 整顔・ボディケアサロンwellciesta
総合案内℡ 0252400424 まで。
友だち追加数
LINEからでも予約は可能です。

今回も、前回に引き続きお顔を心の関係についてです。

今回は、眉間のトラブルについてです。
いきなりですが、あれ?眉間に縦の線が…。

東洋医学では、眉間は「心」の働きと関係しています。
自分の思っていることを溜め込んだり、
イライラしているが、口に出せずにいる。
人間関係にストレスを感じているが、グチを言ったりしない。言う場所がない。

もしかしたら、ストレスを溜め込みすぎてはいませんか?
そんなあなたのストレス解消法は何でしょうか?

なかなかリフレッシュ出来ずにいると、眉間の間に縦の線ができてしまいます。
そんな時には、印堂(いんどう)攅竹(さんちく)内関(ないかん)を使って改善していきましょう。

印堂(いんどう):左右の眉と眉の間のへこみ。眉間の中央。
攅竹(さんちく):眉毛の内側の端。目頭から眉の方へ触れていくとへこみを感じるあたり。
内関(ないかん):腕の内側にあり、手首の中心から肘に向かって、指3本分のあたり。

今回は刺激の仕方も少し工夫していきます。

右手でチョキを作り、人差し指で印堂を押さえます。
次に、中指で、左の攅竹を押さえましょう。
ゆっくり深呼吸をしながら、中指を斜め上に少し引き上げて、
5秒キープ。反対も同じように6回ずつ行ってくださいね。

内関は、深呼吸をしながらやさしく押していきましょう。
この時に、ココロの中で、「エ・ガ・オ」と言いながら刺激をしていきましょう。

ツボを刺激しただけで、ストレスの原因がなくなるとは言いませんが、
からだも楽になることで、ポジティブに考えれるようになるのではないでしょうか。

ぜひお試しあれ。
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

新潟市ランキング
↑こちらもぜひクリックをお願いします。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント